こんな保育園で働くのは止めておけ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・保育士の人数が少ない保育園

保育園は小学生になる前の子供の面倒を見る事が仕事なので子供が帰ったら勤務終了と考えている人が多いです。しかし現実は大きく異なっていて保育園に子供達が来る前にいろいろ準備しなければいけないので朝早く出勤しなければいけません。また子供達が帰った後も明日の準備や事務作業をしなければいけません。保育士の人数が多い保育園が分担する事が出来るので長時間労働を避ける事が出来ますが、保育士の人数が少ないと一人一人の負担が大きくなるので長時間労働をしなければいけなくなります。しかもサービス残業扱位になる事が多いので保育士の人数が少ない保育園は今すぐ辞めた方がいいでしょう。

・陰湿な人間関係になっている保育園

保育士は女性が多いので華やかにイメージがありますが、実際は人間関係が陰湿になっている事が多いです。女性は男性に比べて他の人に対するライバル意識が強いので影で悪口を言っていたりする事も多いです。また上司の褒められた保育士に嫉妬して無視するなど陰湿な嫌がらせをしている事もよくあります。このように陰湿な人間関係になっている保育園は精神的に参ってしまうので今すぐ辞めた方がいいでしょう。

・給料が15万円以下の保育園

保育士は給料が少ない事で有名ですが、保育園によって給料も異なってきます。優良な保育園だと給料が20万円以上になる事が多いので税金などを差し引かれても手取り20万円ぐらいはもらう事が出来ます。しかし保育園によっては給料が15万円以下になっていて税金などを差し引かれると手取りが10万円ぐらいになってしまいます。手取りが10万円だとさすがに生活していけないので今すぐ辞めた方がいいでしょう。

・何か問題が発生した時に隠蔽している保育園

保育園は子供の面倒を見ている場所なのでいろいろと問題が発生する事もあります。優良な保育園は問題が発生した時にしっかり対応しますが、中には隠蔽してしまう保育園もあります。隠蔽しているのがバレた時に保育士の責任にされてしまう可能性もあるので何か問題が発生した時に隠蔽している保育園は今すぐ辞めた方がいいでしょう。

(参考)https://www.hoikushiwoyametai.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*