寒くなってきて暖房をつけはじめた私の部署。最初はただ「暖かいね」と皆で話していたのですが、少し経つとある弊害があることに気が付いたのです。

それは「眠くなってしまうこと」でした。どうやら人間の多くは、自分が丁度良い気温よりも少し暖かい温度になると眠くなってしまうようで、眠そうにしている社員も増え、そしてデスクにブラックコーヒーを置く人も増えました。

特に辛いのがお腹いっぱいになっている昼休憩後です。お腹がいっぱいになっているとただでさえ眠くなるのに、この恵まれた温度の環境は辛いと感じていました。それでも仕事なのでなんとか起きようとして必死な私の前で、向かい側の席に座る同僚がコクッコクッと今にも眠そうにしていたのです。そのまま見守っていたのですが、ついに寝てしまいまるで漫画のようにデスクにおでこをぶつけました。

もちろん周りの人は大爆笑。つい寝てしまってデスクに顔面をぶつけるシーンって本当にあるのだなと感心させられました。